ブエノスアイレスPart 2 (コロン劇場)

今回世界3大劇場の一つと言われている
ブエノスアイレスのコロン劇場からの招聘でした。

ここには劇場オーケストラが2つあり....
その一つブエノスアイレスフィルハーモニーオーケストラと
夫リチャードがコリリアーノ作曲のクラリネット協奏曲を協演しました。


25日木曜日がコンサート本番だったのですが、
まず最初のリハが火曜日にあり、韓国から招聘された指揮者Kim氏とも初めて会いました。


最初のリハが終わった後.......マエストロKim氏と奥様と団欒。
リチャードもさすがにエナジー使いまくってお疲れモード(笑。

このコリリアーノのコンチェルトはソリストにもオケにも超難曲!
かなりのテクニックを要するのでハードみたい。
私の方はマエストロの奥様がなんと私と同じ歳でとってもチャーミングな方だったので
意気投合してお友達になりました。

さあ!いよいよ劇場でのドレスリハーサルと本番!

話には聞いてましたが、本当に美しい劇場でした!



扉はなんとベルベットのカーテンで仕切られてました。
コンサートホールで一番気になる音響の方は.....
     やっぱり昔のスタイルですのでアコースティック的な角度で
     いうと今ひとつ。バレエやオペラには良いのかもしれませんが
     楽器の音はホールに残響がないのでそのままの音で聴こえてきます。

     
この劇場が出来た時は世界的にとっても画期的なことだったかも 
しれませんが現代のハイテクのホールに比べると音響は残念ながらまずまず。
でも雰囲気はクラッシック音楽にぴったりです!


さて本番はもちろん満席!


我が夫ながら....彼のオケバックでのソリストとしての演奏はいつもながらに圧巻!
惚れ惚れします(笑

そういう彼も本番前2日間はとっても緊張してますので
もう大変!腫れ物をさわるかのように一緒に過ごしてるので
演奏が上手くいったら本当にホッとします。


(余談)
奥様2人は本番が始まる前は楽屋からエスケープして
コロン劇場カフェでハングアウトしました。
全体的にブエノスアイレスはコーヒーはイマイチだけど
カプチーノは美味しい。


この日ぐらいから
私達のDUOコンサートのポスターもできていてPR開始してました。

このコロン劇場のコンサートの翌日はナント!
ブラジル・リオへ一泊2日で小旅行しました。
詳しくは次回のブログにて。


このブログの人気の投稿

もう直ぐ日本ツアーです!

今後のスケジュール

チックさんと私。