投稿

2019の投稿を表示しています

カーネギーでソロリサイタル!

イメージ
私は6月12日ニューヨーク・カーネギーホール内にあるワイル リサイタルホールで
ソロ リサイタルを開催します。
その為に全身全霊をかけて練習 そして準備を進めています。
ある時からカーネギーで10回やろうと目標をたてました。
実は今回がその10回目になります。笑!

この場所は本当にとてつもないオーラがあり・・
此処でのコンサートで私は一度も自分の演奏に納得がいった事がありません。
なのでチャレンジを続けているのだと思います。

今回は約20年ぶりに私のソロ曲を中心としたリサイタルで、プログラム数曲に
音楽人生を共にしている夫リチャード、スティーヴ ガッド、エディ ゴメスが
スペシャルゲストで参加してくれます。
1曲ずつそれぞれ私とのデュオをやり最後に4人全員で演奏するプログラム。

(プログラム)
1、The Nymphs ~ソロ マリンバ       John Zorn
2, Chaconne ~ ソロ マリンバ   BACH (Mika編曲)
3、The Beguine of something Beautiful. ~マリンバ&クラリネット (世界初演)    Gordon Stout
4,  Palimpsest ~ マリンバ&クラリネット  John Zorn

休憩

5, Birthday Song  for Mika.    ソロ マリンバ (世界初演)   Chick Corea
6,Kaleidoskope ~ ソロ マリンバ (世界初演)  Clarice Assad
7, Return to Bahia. ~マリンバ、ベース&ドラム     (世界初演)   Bill Douglas
7,   Jubilation  ~ マリンバ、ベース&ドラム    Bill Douglas
8,  Marika Groove ~ マリンバ、クラリネット、ベース&ドラム     Chick Corea


この前後にも幾つかコンサート依頼あります。

(concerts schedule)
*May 5th- Marimba Concerto by Doulas with Great Woods Symphony Orchestra
オケとビル ダグラスのマリンバ コンチェルトを協演します!

*May 31 - Marimba Rec…

2枚のレコーディング 原盤完成❣️

イメージ
昨年から取り掛かっていた2枚のレコーディング CDアルバムの原盤が
やっと出来上がりました❣️


プロデューサーSteven Epstein 氏とエンジニアTodd Whitlockさんに心から感謝してやみません。



レコーディングの方は、3月にパーチェス パーフォーミングセンター内リサイタルホールでソロ、リチャードとのデュオでクラッシック、8月にNYパワーステーション スタジオでスティーヴ ガッド等とジャズPopワールド系を録り終わっていましたが⋯
その後に編集、ミックス、マスターと一つ一つに色んな経費が掛かって来て、
今回はクラウドファンディング無しでのプロジェクトだったので、時間がかかってしまいました。しかし、その分どちらも急がずに納得がいくハイレベルのものが出来上がったと
信じています。



「クラシカルの方のトラックリスト」

プロデュース&録音エンジニア Steven Epstein
場所:NYパーチェスパフォーマンスセンターリサイタルホール

1、クロマティック ファンタジー&フーガ        バッハ作曲 リチャード編曲
            ファンタジー: リチャード(クラリネット ソロ)
             フーガ : クラリネット、マリンバ、バンドネオン(ヘクターデルソロ)




2、シャコンヌ~ バイオリン パルティータ第2番より      バッハ作曲 ミカ編曲                                                           マリンバ ソロ: ミカ



3、パヴァーヌ       ラベル作曲  ストルツマン編曲
            マリンバ、クラリネット

4、モーストリーブルース 2、8、12番      マッケンリー作曲

               マリンバ、クラリネット


5、Palimpsest. ジョン ゾーン作曲
              マリンバ、クラリネット

6、エチュード    ~クラリネット ソロ      ピアソラ作曲



7、神秘とフーガ     ピアソラ作曲

                        マリンバ、クラリネット、バンドネオン、ベース(ペドロ ギラウド)





「ジャズ、ワールド系のトラック リスト」
プロデュースSteven Epstein 録音エンジニア…

2019 1月

イメージ
新年明けましておめでとうございます!

年末はジュネーヴ(スイス)イタリア(ヴェローナ、ミラノ)ウィーンなどに
行きましたが、レポートをブログに書かず仕舞いでした。
というのは、熊本日日新聞からの依頼で「私を語る」という1ヶ月間にわたる
コラムを書かないといけなくて、それにかかっていたからなんです。
(言い訳だ。。すいません。笑)

                                                   写真はウィーンでチックと合流!

今年は新年に入って早々…2日からメキシコへ行きサンミゲルで2公演しました。
今回は意を決してバッハ シャコンヌを初めてパブリックで演奏するので
年末も本番前も…かなりフォーカスしていました。

緊張とプレッシャーの余り、本番で決して間違わない最初のコードを外したので
えぇ〜と慌てて止まり...
お客様には『I am so sorry..This is first performance for public...please patience!』
と伝えて弾き直しました。
その後は何とか最後まで演奏しましたが、途中から涙ボロボロ流しながら
必死だったので(笑、お客様も必死に聴いてるのがわかり、そのお客様との一体感は
マジカルでした。そして、演奏が終わると、
何と何と拍手喝采でスタンディングオベーション!
信じられませんでした。



自分の中では沢山反省しつつも、一度、本番乗り越えたので度胸もついて驚くぐらい
リラックスして弾けるようになりました。

やはり一人で練習を重ねるのも必要ですが、その後は観客前に本番をやる事で
かなりの収穫と自信が付くことを実感!

メキシコの後はベイエリア(バークレー)の親友宅で1週間過ごしました。
しかし私は練習が出来ないので悶々としてたのですが...
アーカンソー州にいる私のマリンバ メーカーデモロウ氏のところを訪ねようと思いつき早速連絡したらOKだったので、直ぐに超ド田舎アルカデルフィアへ向かい、デモロウさん秘蔵アーティストモデルで毎日4時間ずつ練習させてもらったりして充実した2日間を過ごすことが出来ました。
この銘器からは、かなりのインスパイア受けました。
行って良かったと心から思えました。
マリンバ製作している工場も見学させてもらいましたし、現地で活躍する打楽器奏者
カエさんと…