投稿

2018,9.12 感謝を込めて。(雑感....)

イメージ
PHOTO BY LISA-MARIE MAZZUCCO

今年9月12日で54歳になりました。

だんだん仕事で会う人達が自分より若い人達になってるなぁ〜と
気づき始めます.....

私は音楽家として..最近やっと自分のサウンドを見つけ...
想いのままを音楽で表現することができるようになった感があります。

誕生日に合わせてプロデューサーEPSTEIN氏から送られてきた
2月末に録音したバッハ「シャコンヌ」はその一つの成果だと実感しています。

何と夫リチャードが私のシャコンヌ録音を何回も何回も聴いて...
私の解釈や音楽性そしてサウンドを凄く褒めてくれるのです。
(今までこんなことなかった?!笑)

しかし彼と結婚してなかったら...
こういう大きな深い名曲にトライすることはなかったと思う...
毎日のように音楽的なインスパイアを受けてる事に大感謝です。

今年に入って直ぐからシャコンヌだけに精魂込めた2ヶ月間の
達成感..言葉にできないくらいの喜びと幸せを感じています。

まだまだこの作品はこれからもっと掘り下げていかないといけないのですが...

これから一生かけて演奏できる素晴らしい作品と出会ったこと....

これまでのすべてのことが一つ一つ積み重なって
此処まで辿りついたんだなぁ〜と思うと感慨無量です。

この録音は私を知る全ての人に聴いてもらいたいと切に願います。
まだCDのリリースは来年になりますが..
今回私自身の54歳を記念してNY在住ビデオグラファー
石井みかこさんにビデオにしてもらいました。
是非観て聴いてみてください!

いつも支えてくださる皆様へ感謝を込めて。
バッハ「シャコンヌ」for ソロマリンバ YouTube リンク(クリックしてください!) 


来年はこの曲をメインにしたソロリサイタルを
6月12日NYカーネギーホール(ワイルホール)で
開催することが決定しています。

今まではデュオを中心にカーネギーで何回も演奏してきましたが、
来年は2001年12月11日カーネギー、NYデビューして以来の
私自身のソロリサイタルです。

「時」が来たことを感じています。

日本(天草)を飛び出しNYに移住してから10年.....

熊本での初リサイタルが30歳の時...
東京&NYでのデビューリサイタルが35歳....
NYに移住したのが44歳...
リチャードと…

レガッタバー in ボストン!

イメージ
photo by Moe Wakae








韓国公演の帰宅後....
東京からレコーディングの為にNYに来て下さっていた丸山さんご夫妻が
ボストンに来られて....
8月16日ボストン・レガッタバーコンサートのために
ウチでホームステイ(合宿?!笑)して頂きました。



日本を代表する作編曲家の丸山和範さんとは
随分と長い付き合いになります。
私の1998年に出した最初のCDアルバムMITSUEでは
熊本民謡やビートルズ”ヘルタースケルター”
などを丸山さんに編曲してもらい一緒に録音し、
丸山さんのマリンバソロ書き下ろし作品も収録しました。

その時私はまだ天草にいて...
やっと演奏に目覚めたばかり..
アメリカやカナダにも行き始めた頃で...
本当に何も知らず.....
東京やアメリカの音楽家の演奏や作品
何もかもに感動...興奮していました。

その頃..東京マリンバトリオCDなどを聴いて、
丸山さんの作編曲にはとっても憧れていたので
私のアルバムに参加していただいた時には大変嬉しかったのを
覚えています。

それから随分と時間が経ってしまいましたが....
マリンバのボイッシングに長けている丸山さんなので、
最近はピアノパートをマリンバにトランスクライブするのを手伝ってもらったり
ラプソディーインブルーを編曲してもらったりでお世話になっていました。



今回NYでのレコーディングでラプソディーインブルーを加えることになり、
ピアニストを誰にするか考えた時に、先ず浮かんだのは先日東京で共演した
ソルトさん...しかし彼は忙しくてスケジュールダメそうだし....
4月にNYで弾いてもらったイタリア人セルジョを又呼ぶのも何だし・・
とリチャードと話し合った結果......
編曲をして頂いた丸山さんは?!
ということになりご連絡したら・・
ラッキーなことに夏休みでOK!ということで
実現することができました。



しかし1日だけのレコーディングだけではもったいないので。。
それでレガッタバーにも出演して頂こうと思いました。
お陰様で久しぶりに丸山ご夫妻と素敵な時間が過ごせて嬉しかったです。

今回2回目のレガッタバーのメンバーはピアニストだけが変わりました。
他のメンバーは昨年と同じで.....



私とリチャード以外は...

先ずベースには、
泣く子もだまるエディ・ゴメス!

今回は更にパワ…

韓国公演!

イメージ
8月2日夜レコーディングが終了した後....
夜中12時55分JFKからソウル行きの飛行機に飛び乗りました!
空港に到着したら2時間時間があったので初めてマッサージ店により
身体と足と$120もかけてマッサージしてもらいました。
そのお陰でエコノミー席でもなんとか13時間のフライトを我慢して
過ごすことが出来たと思います。

仁川空港に到着したのが朝4時半。
プラカード持った女性Minさんが迎えに来てくれてました。

しかし次に移動するバスの発車が何と7時半。。まだ3時間も空港で待たないと
いけないとわかりドッと落ち込んでたら・・
ミンさんが気を利かせてカプセルホテルに連れて行ってくれて、
2時間寝ることができました。
この時からミンさんがずっと私のアテンドで至れり尽くせりしてくれました。
感謝でしたねぇ〜
空港では先ずこれを見つけて毎日飲みました。

美味しい朝食もご馳走になり。。バスも5時間の移動でしたがラグジェリーシートでフラットになったので結構快適で途中の休憩ではコーヒーとスイーツ買ってもらったし(笑!


なんとなんと!到着したYEOSU市はリゾート地!(何も知らず来た)
宿泊するホテルもとってもナイスで最上階の部屋から見える景色はめちゃ綺麗で嬉しくなりましたねぇ〜


しかしチェックインしたら直ぐリハーサル?!
NYに比べたら真夏で暑いのなんの!
照り焼きになりそうでした。笑!
しかも野外ステージでのリハーサルということで覚悟を決めずにいられない。
バンドは主催者が現地調達。
ドラムだけはNYからソウルに移住した親友クリスを私が指名して呼んでもらったので
安心。なかなかベースが上手くて助かった。
キーボードの女性も素直な良い人だったので気持ち良かったし。。。。
それぞれ私が演奏する音楽を勉強してくれてたので
一安心。
実は一番心配なのは私自身....
だってレコーディングの曲を練習してたので、
全くこのための練習をしてないので思い出して弾くのに相当戸惑いました。
それに暑いし。。大疲れだし。。

集中力もなくヘロヘロ。。しかし本番の大きなステージを見たらそうは言ってられないので。。リハが終わってからはマリンバを保管する冷房もない暑苦しい倉庫で2時間個人練習。。その途中に申し訳なさそうに挨拶に来てくれたマリンバの持ち主のマリンバ奏者と招いてくれたシルバーさん。

ランチ…

レコーディング(パワーステーションNYC)

イメージ
photo by Lisa-Marie Mazzucco 

来日ツアーから帰国後⋯ 2週間の猛練習を突破して⋯


7月30日ー8月1日まで3日間、 NYパワーステーションにおいて
今年2回目となるレコーディングをしました。
(今年はクラッシックとジャズの2枚のアルバムを制作しています。)



プロデューサー&エンジニアは前回と同じで… グラミー賞19回受賞しているスティーヴン・エプステイン。 エンジニアにはグラミー賞9回受賞のトッド・ホワイトロック。 スタジオ付きアシスタント・エンジニアにはAkihiro Nishimuraさんという日本人の方だったので細いことを通訳してもらったりで大変助かりました。感謝。



(参加ミュージシャン)

クラリネット:リチャード・ストルツマン