投稿

カーネギーでソロリサイタル!

イメージ
私は6月12日ニューヨーク・カーネギーホール内にあるワイル リサイタルホールで
ソロ リサイタルを開催します。
その為に全身全霊をかけて練習 そして準備を進めています。
ある時からカーネギーで10回やろうと目標をたてました。
実は今回がその10回目になります。笑!

この場所は本当にとてつもないオーラがあり・・
此処でのコンサートで私は一度も自分の演奏に納得がいった事がありません。
なのでチャレンジを続けているのだと思います。

今回は約20年ぶりに私のソロ曲を中心としたリサイタルで、プログラム数曲に
音楽人生を共にしている夫リチャード、スティーヴ ガッド、エディ ゴメスが
スペシャルゲストで参加してくれます。
1曲ずつそれぞれ私とのデュオをやり最後に4人全員で演奏するプログラム。

(プログラム)
1、The Nymphs ~ソロ マリンバ       John Zorn
2, Chaconne ~ ソロ マリンバ   BACH (Mika編曲)
3、The Beguine of something Beautiful. ~マリンバ&クラリネット (世界初演)    Gordon Stout
4,  Palimpsest ~ マリンバ&クラリネット  John Zorn

休憩

5, Birthday Song  for Mika.    ソロ マリンバ (世界初演)   Chick Corea
6,Kaleidoskope ~ ソロ マリンバ (世界初演)  Clarice Assad
7, Return to Bahia. ~マリンバ、ベース&ドラム     (世界初演)   Bill Douglas
7,   Jubilation  ~ マリンバ、ベース&ドラム    Bill Douglas
8,  Marika Groove ~ マリンバ、クラリネット、ベース&ドラム     Chick Corea


この前後にも幾つかコンサート依頼あります。

(concerts schedule)
*May 5th- Marimba Concerto by Doulas with Great Woods Symphony Orchestra
オケとビル ダグラスのマリンバ コンチェルトを協演します!

*May 31 - Marimba Rec…

2枚のレコーディング 原盤完成❣️

イメージ
昨年から取り掛かっていた2枚のレコーディング CDアルバムの原盤が
やっと出来上がりました❣️


プロデューサーSteven Epstein 氏とエンジニアTodd Whitlockさんに心から感謝してやみません。



レコーディングの方は、3月にパーチェス パーフォーミングセンター内リサイタルホールでソロ、リチャードとのデュオでクラッシック、8月にNYパワーステーション スタジオでスティーヴ ガッド等とジャズPopワールド系を録り終わっていましたが⋯
その後に編集、ミックス、マスターと一つ一つに色んな経費が掛かって来て、
今回はクラウドファンディング無しでのプロジェクトだったので、時間がかかってしまいました。しかし、その分どちらも急がずに納得がいくハイレベルのものが出来上がったと
信じています。



「クラシカルの方のトラックリスト」

プロデュース&録音エンジニア Steven Epstein
場所:NYパーチェスパフォーマンスセンターリサイタルホール

1、クロマティック ファンタジー&フーガ        バッハ作曲 リチャード編曲
            ファンタジー: リチャード(クラリネット ソロ)
             フーガ : クラリネット、マリンバ、バンドネオン(ヘクターデルソロ)




2、シャコンヌ~ バイオリン パルティータ第2番より      バッハ作曲 ミカ編曲                                                           マリンバ ソロ: ミカ



3、パヴァーヌ       ラベル作曲  ストルツマン編曲
            マリンバ、クラリネット

4、モーストリーブルース 2、8、12番      マッケンリー作曲

               マリンバ、クラリネット


5、Palimpsest. ジョン ゾーン作曲
              マリンバ、クラリネット

6、エチュード    ~クラリネット ソロ      ピアソラ作曲



7、神秘とフーガ     ピアソラ作曲

                        マリンバ、クラリネット、バンドネオン、ベース(ペドロ ギラウド)





「ジャズ、ワールド系のトラック リスト」
プロデュースSteven Epstein 録音エンジニア…

2019 1月

イメージ
新年明けましておめでとうございます!

年末はジュネーヴ(スイス)イタリア(ヴェローナ、ミラノ)ウィーンなどに
行きましたが、レポートをブログに書かず仕舞いでした。
というのは、熊本日日新聞からの依頼で「私を語る」という1ヶ月間にわたる
コラムを書かないといけなくて、それにかかっていたからなんです。
(言い訳だ。。すいません。笑)

                                                   写真はウィーンでチックと合流!

今年は新年に入って早々…2日からメキシコへ行きサンミゲルで2公演しました。
今回は意を決してバッハ シャコンヌを初めてパブリックで演奏するので
年末も本番前も…かなりフォーカスしていました。

緊張とプレッシャーの余り、本番で決して間違わない最初のコードを外したので
えぇ〜と慌てて止まり...
お客様には『I am so sorry..This is first performance for public...please patience!』
と伝えて弾き直しました。
その後は何とか最後まで演奏しましたが、途中から涙ボロボロ流しながら
必死だったので(笑、お客様も必死に聴いてるのがわかり、そのお客様との一体感は
マジカルでした。そして、演奏が終わると、
何と何と拍手喝采でスタンディングオベーション!
信じられませんでした。



自分の中では沢山反省しつつも、一度、本番乗り越えたので度胸もついて驚くぐらい
リラックスして弾けるようになりました。

やはり一人で練習を重ねるのも必要ですが、その後は観客前に本番をやる事で
かなりの収穫と自信が付くことを実感!

メキシコの後はベイエリア(バークレー)の親友宅で1週間過ごしました。
しかし私は練習が出来ないので悶々としてたのですが...
アーカンソー州にいる私のマリンバ メーカーデモロウ氏のところを訪ねようと思いつき早速連絡したらOKだったので、直ぐに超ド田舎アルカデルフィアへ向かい、デモロウさん秘蔵アーティストモデルで毎日4時間ずつ練習させてもらったりして充実した2日間を過ごすことが出来ました。
この銘器からは、かなりのインスパイア受けました。
行って良かったと心から思えました。
マリンバ製作している工場も見学させてもらいましたし、現地で活躍する打楽器奏者
カエさんと…

2018,9.12 感謝を込めて。(雑感....)

イメージ
PHOTO BY LISA-MARIE MAZZUCCO

今年9月12日で54歳になりました。

だんだん仕事で会う人達が自分より若い人達になってるなぁ〜と
気づき始めます.....

私は音楽家として..最近やっと自分のサウンドを見つけ...
想いのままを音楽で表現することができるようになった感があります。

誕生日に合わせてプロデューサーEPSTEIN氏から送られてきた
2月末に録音したバッハ「シャコンヌ」はその一つの成果だと実感しています。

何と夫リチャードが私のシャコンヌ録音を何回も何回も聴いて...
私の解釈や音楽性そしてサウンドを凄く褒めてくれるのです。
(今までこんなことなかった?!笑)

しかし彼と結婚してなかったら...
こういう大きな深い名曲にトライすることはなかったと思う...
毎日のように音楽的なインスパイアを受けてる事に大感謝です。

今年に入って直ぐからシャコンヌだけに精魂込めた2ヶ月間の
達成感..言葉にできないくらいの喜びと幸せを感じています。

まだまだこの作品はこれからもっと掘り下げていかないといけないのですが...

これから一生かけて演奏できる素晴らしい作品と出会ったこと....

これまでのすべてのことが一つ一つ積み重なって
此処まで辿りついたんだなぁ〜と思うと感慨無量です。

この録音は私を知る全ての人に聴いてもらいたいと切に願います。
まだCDのリリースは来年になりますが..
今回私自身の54歳を記念してNY在住ビデオグラファー
石井みかこさんにビデオにしてもらいました。
是非観て聴いてみてください!

いつも支えてくださる皆様へ感謝を込めて。
バッハ「シャコンヌ」for ソロマリンバ YouTube リンク(クリックしてください!) 


来年はこの曲をメインにしたソロリサイタルを
6月12日NYカーネギーホール(ワイルホール)で
開催することが決定しています。

今まではデュオを中心にカーネギーで何回も演奏してきましたが、
来年は2001年12月11日カーネギー、NYデビューして以来の
私自身のソロリサイタルです。

「時」が来たことを感じています。

日本(天草)を飛び出しNYに移住してから10年.....

熊本での初リサイタルが30歳の時...
東京&NYでのデビューリサイタルが35歳....
NYに移住したのが44歳...
リチャードと…

レガッタバー in ボストン!

イメージ
photo by Moe Wakae








韓国公演の帰宅後....
東京からレコーディングの為にNYに来て下さっていた丸山さんご夫妻が
ボストンに来られて....
8月16日ボストン・レガッタバーコンサートのために
ウチでホームステイ(合宿?!笑)して頂きました。



日本を代表する作編曲家の丸山和範さんとは
随分と長い付き合いになります。
私の1998年に出した最初のCDアルバムMITSUEでは
熊本民謡やビートルズ”ヘルタースケルター”
などを丸山さんに編曲してもらい一緒に録音し、
丸山さんのマリンバソロ書き下ろし作品も収録しました。

その時私はまだ天草にいて...
やっと演奏に目覚めたばかり..
アメリカやカナダにも行き始めた頃で...
本当に何も知らず.....
東京やアメリカの音楽家の演奏や作品
何もかもに感動...興奮していました。

その頃..東京マリンバトリオCDなどを聴いて、
丸山さんの作編曲にはとっても憧れていたので
私のアルバムに参加していただいた時には大変嬉しかったのを
覚えています。

それから随分と時間が経ってしまいましたが....
マリンバのボイッシングに長けている丸山さんなので、
最近はピアノパートをマリンバにトランスクライブするのを手伝ってもらったり
ラプソディーインブルーを編曲してもらったりでお世話になっていました。



今回NYでのレコーディングでラプソディーインブルーを加えることになり、
ピアニストを誰にするか考えた時に、先ず浮かんだのは先日東京で共演した
ソルトさん...しかし彼は忙しくてスケジュールダメそうだし....
4月にNYで弾いてもらったイタリア人セルジョを又呼ぶのも何だし・・
とリチャードと話し合った結果......
編曲をして頂いた丸山さんは?!
ということになりご連絡したら・・
ラッキーなことに夏休みでOK!ということで
実現することができました。



しかし1日だけのレコーディングだけではもったいないので。。
それでレガッタバーにも出演して頂こうと思いました。
お陰様で久しぶりに丸山ご夫妻と素敵な時間が過ごせて嬉しかったです。

今回2回目のレガッタバーのメンバーはピアニストだけが変わりました。
他のメンバーは昨年と同じで.....



私とリチャード以外は...

先ずベースには、
泣く子もだまるエディ・ゴメス!

今回は更にパワ…