メキシコ”ハラパ交響楽団に招かれて”!パート1

ハラパ交響楽団に招かれて夫リチャードと2人で
未知の国メキシコに行って来ました!
2人共初めてです。


夫リチャードの人生では
オーケストラにソリストで招かれるのは
日常だけど...
私にとってはオケとコンチェルト演奏するのは
7年ぶり?!
 それに日本以外の国でコンチェルト演奏するのは1997年に
ハンガリーで黛敏郎のマリンバ協奏曲を演奏して以来...

本当にワクワクどきどきでした!

ダラスからベラクルス行きのフライトが台風でキャンセルになり
急遽ダラスからメキシコシテイへ深夜到着便に乗り
メキシコシテイで一泊して朝早くベラクルスへ....


空港へはオーケストラのドライバーが迎えに来てくれましたが
英語が通じず....何もかもチンプンカンプン?!笑
でもとっても良い人で、彼が一週間ずっと
どこへ行くのにも車を出してくれて
私達のお抱えドライバーとして貢献とっても助かりました。
右がその運転手リョウチャンさん!


宿泊はハラパのベストホテル”クラウンプラザ”
に一週間滞在。
これホテルのロビー!メキシコっぽい?!


ホテルのレストランで最初3日間はずっとランチ、ディナーしました。
結構美味しかったし安全で良かったです。
到着後直ぐオーケストラマネジャーのエンリッケさんとランチ!


初日リチャードはずっとホテルで練習..
私は本番で使う同じアダムス⑤オクターヴマリンバを
持っているメキシコ人打楽器奏者ホァンさんの家に行き練習...
彼はメキシコ人ですがオランダで9年間勉強や仕事をしてハラパへ
戻ってきたばかりの素晴らしい打楽器奏者です。


2日目

私はバラクルス大学に招かれ
打楽器科の学生40人の為に
マスタークラスをしました!

大学の打楽器の先生達と!



大学に到着した途端沢山の人に御出迎え頂き
取材カメラマンがバシャバシャ私の写真を撮るので
なんだかロックスターになったような感じ(笑
で驚くと共にとっても気分良かったです!笑!


此処は英語が通じないのでアメリアさんというメキシコ人だけど
日本語が話せる女の子が通訳してくれました!



6人ぐらいの学生がマリンバ演奏を聴かせてくれて
私がワンポイントアドヴァイスをしました。
皆なかなか上手でしたよ。


とっても愉快で楽しいマスタークラスができて
嬉しかったです!


ハラパ交響楽団の首席パーカッショニストで
この大学の教授も務めるチョンチュさんに
大変お世話になりました。感謝。
チョンチュさんとアメリアさんと!

翌日はオーケストラとのリハーサルなので...
マスタークラス終了後も3時間練習しました!

いよいよチックコリアのピアノ協奏曲の一番最初の音だし(リハーサル)!

wow!  緊張してたのか....散々?!
練習でバッチリ弾けるところもオケと合わせると弾けなくなるのです?!
 Why?Why?Why???
その日はとっても落ち込みました....

その後はとにかく休み無しで3時間ぶっ通しで練習。
夕食も食べれず...夜も寝れず....
Dickも
触らぬ神にたたりなしで
心配そうにはしてましたが無言。

  でも何故なのかずっと考えてた結果やっとある事に気づき
朝目が覚めました!

”コンチェルトのソリストはオーケストラに合わせようとしたら駄目なんだ!
アンサンブルと思わず自分にフォーカスして、
オケを聴きすぎずマイペースで演奏しないといけないと...
 だってこっちが正確なテンポで弾いてもオケは弾けないんだから...."

と思い、Dickにその事を尋ねたら....
"全くそのとおり!オーケストラは新しい曲特にチックのピアノ協奏曲など全く知らないんだからミカが一番その曲、音楽を理解して演奏できるんだからオケを気にせず自分のペースで演奏しないと合わないよ!”と.....

なるほど.....久しぶりのコンチェルトなのでその事を忘れてました!
ここ最近はバンドでしかもメチャクチャ正確なタイムで演奏するスティーヴガッドの
ドラムに合わせて弾いてたので、これとオーケストラとのコンチェルトは全く違う世界なんだということに気がつき....

2回目のリハーサルではとっても上手く弾けました!

チックコリアの協奏曲の最後の部分のリハーサル模様ビデオです!
どうぞご覧ください!




気持ちの持ち方で演奏が変わるという....
不思議な体験をして良い勉強になりました!

さあ!いよいよ本番!

(次のブログに続きます!)









このブログの人気の投稿

もう直ぐ日本ツアーです!

今後のスケジュール

チックさんと私。