音楽と共にあれ。

今年もあと3日で終わり⋯
時間の経つのが本当に早すぎます。

今年も色んな素敵な出会いと出来事がありました。
私は基本的に人が好きで⋯
社交的なので⋯
新しい出会いや素晴らしい人達とのコネクションを
積極的に自ら作ってきました。
多分そのお陰で今の自分が形成されてると信じています。

しかし、音楽家として次のステップに入らないといけない
時に来たと感じていて…もう必要じゃない付き合いや社交行事は
時間が勿体無いと思うようになりました。

これまでは所詮私の楽器はマリンバなので上には到底上がれない⋯
という想いがあったのですが⋯
しかし、だからこそ本気で他のマリンバ奏者がやり得なかった事にチャレンジ
しないといけないと改めて思い始めたのです。

来年からは音楽と関係ない社交はせずに練習に打ち込む覚悟でいます。
元旦にFBもインスタのアプリも携帯から削除して、
辞めはしませんが…1日のうち1回だけ目をとうすとかに切り替えます。
ソーシャルネットワークはアウトプットを主にしてインプットは大切な事だけ
に絞ります。

来年は又大きなプロジェクトが控えています!
2枚のCDアルバムのレコーディングを2月末と4月末に
予定しているのです。

2月26ー1日はバッハを中心とするクラシックをリチャードとのDUOアルバムで
パーチェスのコンサートホールで録音。
巨匠ピーターゼルキンのピアノ、あのパブロシーグレスさんが世界一と絶賛される
NY在住バンドネオン奏者Hector Del Curtoが参加してくれます。

4月24ー26日はジャズ、チックコリア作品をスタジオ録音。これは私の名義で、
スティーヴ&デューク・ガッド、ベースのカリトス、弦楽4重奏、リチャードが参加。

どちらもサウンドエンジニア&プロデューサーはスティーブン・エプステインです。

今は名曲であるバッハ“シャコンヌ”を練習しています。
一昨日ピアニスト巨匠ピーターゼルキンさんと一緒に過ごして
彼のバッハの演奏を目の前で聴き大いなるインスパイアを受けました。
彼と楽譜が一体化して音楽が溢れ出るオーラの余韻がまだ肌に残っています。


マリンバでこのレベルに達することは出来るのだろうか⋯

しかし、ピーターさんのフレージングやアーテュキュレーション
一つ一つの音の粒極め細やかさ、ダイナミックスなど…



かなり学べたので、理想に向かって励みます。


来年は本気でミュージックファイヤーとなります!


コンサートも沢山入ってますので私の成長した?!
音楽をぜひ聴きに来て下さい。

今年も皆様には大変お世話になりました。
心から感謝申し上げます。
有難うございました。

来年もどうぞ宜しくお願い致します。

良いお年をお迎え下さい。

感謝を込めて。
Love,MIKA



このブログの人気の投稿

来日ツアー日程

今年前半を振り返って。(レコーディングからBNNまで。)