カーネギーザンケルホール公演

私にとって8回目のカーネギーホールでのステージ!

今回のザンケルホールは3回目でした。


ザンケルは、いつものワイルホールの倍の客席があり、クラッシックだけではなくて色んなジャンルの音楽に対応しています。
実は2007年に初めてザンケルでリサイタルをした時はまだこのホールが出来たばかりで、
マリンバでリサイタルしたのは私が最初でした。

2回目はスティーヴガッドとエディゴメスとの
ジャズコンサートで2011年の1月でしたので、今回久しぶりのザンケルだったのですが...
流石にワイルホールよりアコースティックの
音響が抜群に良くて演奏していて気持ち良かったです。(地下鉄の音がするのが玉に傷ですが...)





    


117日当日カーネギーに行くと楽屋口の門番の人が
“Well come back! Great see you again!”
私の顔をみるなり言ってくれて嬉しくなりました。



カーネギーはユニオンで仕切っているので
全ての一つ一つが勝手に出来ず
譜面台一つ動かすのでもユニオンに任せないといけません。マリンバも運んで組み立ててくれます。しかし、その一つ一つ全てにお金$がかかるのです。その為のユニオンのFeeは”必ず”支払わないといけません。特にザンケルは全てに掛かる費用が2万ドル超えますので今回は赤字にならないようにクラウドファンディングもしました。

バンドネオン北村さんを日本からNYにお招きするのにJALがスポンサーをして下さり本当に助かりましたし....共演してくれたミュージシャンも皆友情出演してくれたのでとっても有難かった。

ご支援くださった皆様方に心から感謝しています。改めまして有難うございました。


私は今回で8回目なのでカーネギーだからと
変な緊張はしなくなりましたが...
2001年デビューリサイタルした時はステージに出る時に足が震えて歩けなかったのです。笑!
(今回は急遽譜めくりまでしましたよ。これが一番緊張したかも?!笑)

しかし毎回カーネギー公演には素晴らしいオーディエンスがいらして下さいますので⋯
充実感でいっぱいです。

今回も日本国領事館大使御夫妻、国連大使御夫妻始めとするVIPに、エディゴメス夫妻や
キースジャレットさんの奥さんアキコさん、作曲家大島ミチルさん、パブロ・シーグルさんなど沢山の素敵な方々に御来場頂き感謝感激でした




今回はリチャードの75歳記念と新譜CD”デュオカンタンドリリース記念で開催しました。

前半はリチャードがメインで彼の旧友達が駆けつけて得意な曲を演奏

*バッハクロマティックファンタジー(クラリネットソロ)&フーガ(クラリネット、マリンバ、バンドネオン)“     
バンドネオン:北村聡


*シューマンファンタジー“      
ピアノ:デヴィッド・デヴォー


*クサナキス  “Charisma”      
    チェロ:フレッド・シェリー

*ブラームスクインテット”      
*モーツァルトクインテット”    
アメリカン弦楽4重奏団         


後半は、私とリチャードのDUOから始めました。最初リチャードがどういうわけか?譜面を落としたので拾ってあげました。笑


*ビル・ダグラスワルツカンタンド”              マリンバ&クラリネット





*マッケンリー   “モーストリーブルース”      
マリンバ&クラリネット

*ジョンゾーン ニンプス”   マリンバソロ




*ジョンゾーン“Palimpsest”
マリンバ&クラリネット  (世界初演)



*チックコリアシージャーニー
 ピアノ:ピータージョン
タップダンス :ナタニュエル(9歳の孫)


*大島ミチル   “風笛”    アメリカンSQ、クラリネット、マリンバ、バンドネオン


*ピアソラ   “神秘とフーガ”    アメリカンSQ、クラリネット、マリンバ、バンドネオン


という盛り沢山のプログラムでしたが、
多くのお客様方よりGREATプログラムと褒められました。
特にフレッドシェリーやジョンゾーンや音楽家達からもそう言われたので良かったのではないでしょうか?!


私の今回のハイライトは、作曲家ジョンゾーンさんから2012年に書き下ろしてもらったソロ曲と新作のデュオ曲を本人にリハで聴いてもらい、
多くの学びと励ましを頂いたことです。

マリンバソロニンプス書き下ろしてもらった時以来本人を目の前にステージ演奏は初めてだったのでメチャメチャ緊張しました。
でも弾き終わった後に...
ブラヴォーと駆け寄って来てハグしてくれた時は最高に嬉しくて、思わず泣けてしまいました。
この曲を、この5年間ずっと弾き続け、進化させて来た努力が報われた瞬間でした。



その後の本番は、かなり落ち着いて集中して演奏できました。

ジョンゾーンさんがこのコンサートのために書き下ろしてくれたデュオ曲も素晴らしい作品で私は大好き!
リハで最初に聴いたジョンさん自身もI love it!と喜んでいました。
リチャードのマネージャーも気に入ってましたし、多くのお客様からも好評でした。
しかし、とにかく世界初演でしたので、まだまだ完璧ではありません。
これからまだまだ進化して行く作品だと信じています。ジョンさんには本当に良い作品を私達の為に書き下ろして頂き改めて感謝しています。


終了後は、カーネギーホール目の前に住んでるサニーさんの家でアフターパーティーをさせて頂きとっても賑わいました。
最後にとった記念写真です。
(実はこの倍の人が参加してました。) 



75歳のリチャードがこの先も...
まだまだ元気で精力的に演奏活動を続けてくれることを祈りながらこのレポートを終了します。

ご来場いただきました方々....
ご支援いただきました皆様.....
本当に有難うございました。
心から感謝申し上げます。

LOVE,MIKA



このブログの人気の投稿

来日ツアー日程

音楽と共にあれ。

今後のスケジュール