近況(新DUOアルバムのことなど)...

なんだか長かったような短かったような....
2016年最初の一ヶ月間でした。

前回のブログ後パット・メセニーさんから
下記のようなとっても幸せなEmailをいただきました。

hi mika,

happy new year!

it was so great to meet you at that wacky/cool event. probably like you, we went not having any idea what to expect…and meeting you both there was an extra treat.

you were asking about me writing something for your duo….i would love to do that. it would be a real challenge for me and a thrill to hear you all play it. the issue for me as always, and i am sure it is the same for you guys, is time - everything is booked so far in advance now…i have 4 projects coming up i have to write for and a fair amount of touring in there this year as well to go with it all.

i think i could commit to writing something in about a year, with you all getting it sometime in early 2017. 
i am doing right now (a piece for the LA guitar quartet),what i am writing for them is a 25 minute suite for their next record and tour. i am pretty sure i could come up with something cool for you guys.

i wish i could get to it sooner…but i am so backed up right at the moment!

in any case….it was great to meet you both! richard has been a favorite of mine for years and i can’t believe we never crossed paths before - this is all a real pleasure!

best regards to both of you from pat


"今年は既に4プロジェクト&ツアー他全てスケジュールが詰まってて
時間がないので私達への新曲は来年初めぐらいに書きたいということ"

なので皆さん2017年まで首を長くして待っててくださいね〜!

来年はリチャードが75歳になる記念の年でもあるし....
このパットの新曲録音するのを待って
私と夫リチャードのDUOアルバムも
来年春ぐらいのリリースにしようか?!
と検討中.....
(皆さんどう思います?!
一応パットさんの新曲を加えなくても曲のマテリアルは
十分あるのですが.....)

今まで結構慌ててCDリリースしてパブリッシュ面で
ちょっと上手くいってなかったので...
今度のアルバムは必ずこれまでの経験を生かして
内容だけではなくレーベルもパブリッシュもちゃんとして、
世の中に(世界的に)知れ渡るようにしたいと願うのですね...
リチャードがレコードVinylも作りたいね〜とか
言ってますし.....
慌てないでチャンスを待って....
時間をかけることも玉には必要なのかも?!
なんてスピードが得意な私ですが.....
思ったりもしています。笑

いずれにしてもチックコリア作品と大島ミチル作品は4月に録音
したいので今その準備にもとりかかっています。

1月も終わったのであと2ヶ月間で色んなことをオーガナイズしないといけません。

どうぞ引き続き応援をよろしくお願い致します!
Love,MIKA

               この写真はつい最近  
            極寒のボストンを逃げ出し
              週末だけのフロリダで過ごした時ですよ。







このブログの人気の投稿

もう直ぐ日本ツアーです!

今後のスケジュール

チックさんと私。