今年最初のコンサート!

昨日1月29日はMAの高校の主催で今年最初のコンサートをしました。
この高校の音楽教師をしているThadさんは、
私がNYに最初にきた1994年ぐらいからの
友人なんですが、そんなにいつも会ってたわけじゃないのに
何故かいつも私の困ってる時に偶然あったりして
助けてくれる優しいご夫婦なんです。
それから日本から来てたまだ何も知らない私を
NYのアパートに招いてくれて
ご飯を食べさせてくれた最初の人でもあります。


ThadさんはSライヒアンサンブルのメンバーとして活躍してた
素晴らしいパーカショニストだったんですが
NYでのフリーランサーとしての生活より安定した職を得たいと
4年ぐらい前からマンハッタンから引っ越して
高校の先生になったそうです。
奥様も素晴らしいチェロ奏者でしたがご病気で長く演奏活動をされてないとのこと。
昨年は癌が発見されて一年間病院通いをしたそうです。

そういうThadさんからの依頼だったので昔お世話になった
せめてもの恩返しと思い...
リチャードのFeeの金額までは到底出なかったんですが
私の仕事を手伝ってくれるようにリチャードに頼んでDUOで
コンサートしました。


前日まで歴史に残るような大雪だったので
マリンバを車に積んでいけるか不安でしたが
無事何事もなく…とっても音響が良い教会で
高校生の為のミニコンサートを昼30分して
夜は一般向けのコンサートをしてきました。


特に高校生からの反響が良くて...一曲一曲歓声が上がり
とっても盛り上がったのには予想を反して驚きました。
夜のコンサートにも昼間聴いた高校生達も沢山再度
聴きに来てくれていて…
リチャードとのデュオも私のソロも
Thadさんやベースの一平くんとのマリカグルーヴも
気持ちよく演奏できて楽しかった。

今年最初の本番を済ませて感じたことは….
以前より私の肉体と心がマリンバとより一体になっている
気がして...音楽のフレーズ感が自然に表現できるように
なってるのです。共演者の音も100パーセント聴きながら演奏できるし…
心の中や頭で感じる音楽を表現しようと演奏しても音をあまり外さないようになったし(笑...
ピアノッシモからフォルテッシモまで思ったようにコントロールできるように
なった気もします。
終わった後リチャードもすごく褒めてくれました。

やっぱり自分はお客さんの前でマリンバを演奏するために
生まれてきてるんだ…
と思ったりしながら…
又今年も頑張ろう!
となんだかやっと大きなパワーが出てきました(笑!
天国に行った父が大きな力を与えてくれたようです。

今LAへ向かってます。

今夜と明日の夜はハリウッドのクラブでスティーヴガッドバンドのギグを聴きます。
そしてスティーヴと今年のミカリンバの予定について話したいと思ってます。
その後はヒューストンに行きブルースセラーさんと
私の新作マレットについての打ち合わせをします。

試作もして十分練る予定です。

たった3日間ですが極寒から解放されて
暖かいところでジョギングしたりして楽しんでくるつもりです。

来週はリチャードの演奏の仕事があるので
マンハッタンに一週間滞在します。
久しぶりに娘や友人たちをハングアウトするのが楽しみです。

なんて幸せな人生が送れてるんだろう….
とあらためて感じるこの頃です。
これもいつも支えてくれる周りの皆さんのお陰だと
感謝せずにはいれません。

改めまして…
今年もどうぞ宜しくお願い致します!



*写真はLAでのスティーヴのギグ(31日)の時に撮りました。大好きなSteve&Carolと。
もうかれこれ10年の付き合い....アメリカで一番可愛がってもらってます。

このブログの人気の投稿

チックさんと私。

今年2016年を振り返って。

もう直ぐ日本ツアーです!