投稿

9月, 2017の投稿を表示しています

チックとスティーヴ!

イメージ
私は8月29日から日本に来ています。今は熊本にいますが... 先週はブルーノート東京でチックコリアさんとスティーヴガッドさんの 素晴らしすぎる興奮のライブを聴きました!
完全なるソールドアウトと知ってましたので.. 恐る恐るチックとスティーヴ両方にメールを出して 出来れば貴方達のゲスト(招待)で4セット全て聴かせて欲しいと お願いをしたら2人共”もちろん喜んで君は僕等の大事なゲストだよ!”と 返事が来て心から感謝しながら...厚かましく2日間4セット堪能しました。


私がスティーヴと出会ってから12年間経っていますが.. 一度だけこの2人が一緒に演奏したのを聴いたことがあります。 多分2008年ブルーノートNYでのチックのトリオ.. ベースはアンソニージャクソンでした。
もちろんチックの他のプロジェクトや スティーヴが演奏する他のバンドは 数えれないくらいアテンドしてますが...
なので今回はこの親愛なる2人名義のこの新バンドを聴きたいがために リチャードより早めに日本に来て、且つ歯の治療前に設定しました。
チック&スティーヴ以外のバンドメンバーは、
Lionel Loueke(g)  リオーネル・ルエケ(ギター) Carlitos Del Puerto(b) カリートス・デル・プエルト(ベース) Luisito Quintero(per) ルイシート・キンテーロ(パーカッション) Steve Wilson(sax,fl) スティーヴ・ウィルソン(サックス、フルート)
巨匠二人以外のこのメンバーは、 流石にチックが選んだ秀悦すぎるユニ-ク且つ素敵な音楽家達で… 一人一人が本当に素晴らしかった。
特にこのアフリカン・ギターリストのリオーネルさんの演奏は バンドに新鮮なサウンドとユニークさを与えていました。

チックがそれぞれメンバー達の良い部分を十分に引き出していました。 そんなチックのサポート力が本当に凄いといつも敬服します。
チック自身もどこまでも限りなく新しいサウンドとフレーズが出てくるので この人はどんだけ引き出しを持っているのだろうか?!と 本当に驚異的です。 スティーヴもチックにインスパイアされて自分が持っている最高の力を 限りなく発揮していて、その底力の魂ある音に興奮させられました。
この新バンドは私が思うに世界最強グループになるのでは?! と次に聴く10月1日ボストン公演が今から楽しみです。
このバンドはどんな風に進化していくのか? …