投稿

2017の投稿を表示しています

チックとスティーヴ!

イメージ
私は8月29日から日本に来ています。今は熊本にいますが... 先週はブルーノート東京でチックコリアさんとスティーヴガッドさんの 素晴らしすぎる興奮のライブを聴きました!
完全なるソールドアウトと知ってましたので.. 恐る恐るチックとスティーヴ両方にメールを出して 出来れば貴方達のゲスト(招待)で4セット全て聴かせて欲しいと お願いをしたら2人共”もちろん喜んで君は僕等の大事なゲストだよ!”と 返事が来て心から感謝しながら...厚かましく2日間4セット堪能しました。


私がスティーヴと出会ってから12年間経っていますが.. 一度だけこの2人が一緒に演奏したのを聴いたことがあります。 多分2008年ブルーノートNYでのチックのトリオ.. ベースはアンソニージャクソンでした。
もちろんチックの他のプロジェクトや スティーヴが演奏する他のバンドは 数えれないくらいアテンドしてますが...
なので今回はこの親愛なる2人名義のこの新バンドを聴きたいがために リチャードより早めに日本に来て、且つ歯の治療前に設定しました。
チック&スティーヴ以外のバンドメンバーは、
Lionel Loueke(g)  リオーネル・ルエケ(ギター) Carlitos Del Puerto(b) カリートス・デル・プエルト(ベース) Luisito Quintero(per) ルイシート・キンテーロ(パーカッション) Steve Wilson(sax,fl) スティーヴ・ウィルソン(サックス、フルート)
巨匠二人以外のこのメンバーは、 流石にチックが選んだ秀悦すぎるユニ-ク且つ素敵な音楽家達で… 一人一人が本当に素晴らしかった。
特にこのアフリカン・ギターリストのリオーネルさんの演奏は バンドに新鮮なサウンドとユニークさを与えていました。

チックがそれぞれメンバー達の良い部分を十分に引き出していました。 そんなチックのサポート力が本当に凄いといつも敬服します。
チック自身もどこまでも限りなく新しいサウンドとフレーズが出てくるので この人はどんだけ引き出しを持っているのだろうか?!と 本当に驚異的です。 スティーヴもチックにインスパイアされて自分が持っている最高の力を 限りなく発揮していて、その底力の魂ある音に興奮させられました。
この新バンドは私が思うに世界最強グループになるのでは?! と次に聴く10月1日ボストン公演が今から楽しみです。
このバンドはどんな風に進化していくのか? …

レガッタバー(ボストン)

イメージ
先週の木曜日8月17日はボストンの老舗ジャズクラブ”レガッタバー”で新譜CDリリース記念コンサートをしました。
前日にベースのエディ・ゴメス氏がNYからボストン入りして、 デンバーからリチャードの息子ジャズピアニストのピータージョンと、 ドラムのボストン在住ケビン広元さんと共にみっちりと 自宅でリハーサル。
初めて演奏する場所は音響がとっても心配です... 特にレガッタバーは天井が低いし、ジャズクラブなので アコースティックでの音響が良いとは全く期待してませんでした。
しかしマリンバを運んだ時にステージが カーペットではなくてちゃんと板張りだったことに感激... 組み立てて音を出した時にも、何と嘘みたいに残響があり びっくりしました。それだけで、とっても嬉しくなりましたね〜

前日にプレセールが147枚(220キャパシティ)と聞き興奮しました。 普通Jazzクラブは当日に来る人も沢山いるのでフルハウスは確実だと!


案の定本番直後にスタッフでお手伝い頂いた英俊さんが楽屋に来て ”ずらっと並んでいて、入りきらないぐらい待ってるよ!”と。
WOW!と皆で気合いが入りました。



10分か15分遅れで始まったショーは 最初から一曲一曲何だか妙に盛り上がり(笑 最後の曲を演奏し終わってもお客様は動かず アンコールのFeastが終わったら総立ちとなりました!
(セットリスト) ダイアモンドダンス パバァーヌ (トリオwith エディ) レディフォーエディ シージャーニー ジュビレーション モーストリーブルース ワルツカンタンド ブルーモンク マリカグルーヴ ピアソラ”神秘とフーガ” ロコモーション (アンコール)Feast

日本人のお客様が2割ほど?!もご来場下さり.. 日本国領事館からは総領事道井さんご夫妻と中村領事ご夫妻も おいで下さり感激しました。

これで何だか今年の夏も終わった感じです。
ご来場頂きました皆様方そしてお手伝い頂いた沢山の皆様へ 心から感謝申し上げます。
私達の新譜CDリリース記念コンサートも 第1弾の東京・銀座ヤマハホール、第2弾ボストン・レガッタバー、 と終わり... いよいよ最後を飾るのは.. ニューヨーク・カーネギーザンケルホール 11月7日となりました。
皆様どうぞ応援を宜しくお願い致します❣️
感謝を込めて。 Love,MIKA



今後のスケジュール

イメージ
早くも今年の夏が終わりますね...
来年2018再来年2019の予定も少しずつ入って来ています。

今後の大まかなスケジュールを記します。

来月は嬉しい事にリチャードのサントリーホール公演で 再来日します。
今回私の方は10月頭イタリアでコンチェルト本番を控えてますので
日本でもその練習と歯の治療(インプラント3本)に専念することにしました。


『2017後期』

8月17日レガッタバー(ボストン)

8月28日〜31日東京

9月1日〜13日熊本市内(歯の治療)

9月14日〜9月23日東京。リチャード来日。
*23日リチャードがサントリーホールで本番。

10月3日〜8日イタリアVerona
*7日マッキャベリ室内管弦楽団とチックコリア作曲コンチェルト協演。

10月9日〜15日スイス・ルガーノ
*マスタークラス&リサイタル

10月29日〜11月10日 NYCニューヨーク
*10月30日日米婦人会で演奏

*11月7日カーネギーザンケルホール公演


12月レコーディング予定。


『2018年前期』

3月12〜16日フロリダ公演

4月1日ワシントンDCナショナルギャラリー公演

4月6〜7日 デンバー公演

4月12日ケンタッキー公演

4月14日テネシー公演

5月15〜18日アラスカ公演 *Juneau Jazz&Classic Music Festival

6月来日ツアー
*19〜22日関西フィル(大島ミチル新作初演)

7月〜9月レコーディング予定。

10月来日ツアー予定。
10月27日〜11月15日スイス・ジュネーヴ国際コンクール(リチャードが審査員)


来年は6月と10月に来日ツアー予定しています。 演奏依頼などありましたらお気軽にご相談下さい❣️
See you soon! 
Love,MIKA


7月歴史に残る出来事。

イメージ
あっというまに7月が終わった感じがしますが...この一ヶ月間は7月12日に夫リチャードが75歳の誕生日を 迎えたということもあり彼のために頑張った感あり(笑!
歴史に残るスペシャルな出来事が幾つかありました....
先ずUSに帰る前7月5日に東京で開催した リチャードのサプライズお誕生日パーティー。
2ヶ月前からリチャードに内緒で進めていました。 下鴨茶寮銀座店内”のまえ”(幼馴染の小山薫堂氏オーナーのお店) を貸し切りました。期日はスーパー多忙な薫堂氏が参加出来る日で決めました。 このパーティーに関しては下鴨茶寮野口さんの御尽力に大感謝しています。

先ず最初に..東京在住でリチャードが喜ぶような方々にEmailの御案内を出しました。 最初お店が30人限定でしたので、40人ぐらいに絞って御案内を出したところ... 有難いことに直ぐ30人超える参加表明が来ました。 数人の方々は自分のイベントや先約で来れないということで残念でしたが.. お店の方も最終的には40人まで大丈夫ということになったので、 結局43人もの参加者となりました。
皆さん各界のトップの方ばかりで お忙しい中駆けつけて頂き心から感謝しました。 皆様本当に有難うございました。

(ストーリー) この日リチャードには、娘とマサさんと4人でディナーするということにしていました。 又運良くというか?夕方にサントリーホールのインタビュー撮影が入ったので 親友でアスペンの荒生マサさんにリチャードのアテンドをお願いし... 私は買い物に行くということにして準備に入りました。

荒生さんにはお客様が揃うまでの間.. (結構揃うまで時間がかかった。) リチャードを連れ回してもらって時間を潰してもらいました。 (何度も早くお店に行こうよ〜と言っていて怪訝な顔をしていたらしい..?) その間は娘がマサさんと連絡を取り合っていた..
やっと7時予定でしたが.. 午後7時半ぐらいに”のまえ”に連れて来てもらい....
暖簾を開けたら?!
バンドネオンの北村さんのバースデーソングと共に大合唱! お店には皆彼が知ってる顔・顔・顔が..... リチャードが物凄く驚いた顔が忘れられません(笑 ❣️
怒るか?気絶するか?心配しましたが(笑 とっても感激したのか? 最初からフランクシナトラの歌まで歌っていました。

最初の乾杯の音頭は、NYで出会い親しくなった元国連大使の吉川元秀さんにお願いしました。 いつも奥様コリ…

次の目標!

イメージ
リチャードの75歳を祝う誕生日🎂会も 熊本、東京、ニューヨーク、ボストンと 楽しく終わり…
今私達はリチャードの仕事でフロリダに来ています!
リチャードが全米クラリネット協会から招かれて殿堂入りを表彰されるのと、 それを記念してオーランドシンフォニーオーケストラとバーンスタインのソナタを 協演するのです。 昨日は到着するなり空港でジャズクラリネット奏者エディ・ダニエルズ氏御夫妻と 会ってもりあがりました。
大体このブログでは..
先日の来日ツアーで私達が食べた美味しいレストランの事でも 記そうと思ってましたが...
時間が経ったら.. やっぱり私は次の音楽の事で頭がいっぱい...
FBにも美味しい物を食べたりしたことは沢山投稿してるので 音楽の事を記したいと思います。
実は、日本からUSへ帰国するや否や.. 新譜CD”デュオカンタンド”をアメリカでリリースしたサボイレコードと プロデューサーのスティーヴン・エプステイン氏から グラミー賞応募についてメールが来ました! ファーストラウンドに応募するからという知らせです。 (グラミーにはNARAS会員じゃないと応募したりノミネートしたりする資格 がありませんので、私達自身では何も出来ないのです。)
プロデューサーのスティーヴンは過去に17回もグラミー賞を受賞している会員ですので、 自ら私達のアルバムを*Classical Compendium Category, the Classical Producer and *Classical Engineer Categoriesにエントリーするからと.. そしてサボイレコードからは下記カテゴリーをエントリーするとのこと。 *Best Contemporary Instrumental Album
*Best Classical Instrumental Solo: Richard Stoltzman "Air"
*Best Classical Instrumental Solo: Mika Stoltzman "The Nymphs"
*Best Contemporary Classical Composition "Concerto #1 Part III" Chick Corea
*Best Contemporary Classical…