投稿

2017の投稿を表示しています

今後のスケジュール

イメージ
早くも今年の夏が終わりますね...
来年2018再来年2019の予定も少しずつ入って来ています。

今後の大まかなスケジュールを記します。

来月は嬉しい事にリチャードのサントリーホール公演で 再来日します。
今回私の方は10月頭イタリアでコンチェルト本番を控えてますので
日本でもその練習と歯の治療(インプラント3本)に専念することにしました。


『2017後期』

8月17日レガッタバー(ボストン)

8月28日〜31日東京

9月1日〜13日熊本市内(歯の治療)

9月14日〜9月23日東京。リチャード来日。
*23日リチャードがサントリーホールで本番。

10月3日〜8日イタリアVerona
*7日マッキャベリ室内管弦楽団とチックコリア作曲コンチェルト協演。

10月9日〜15日スイス・ルガーノ
*マスタークラス&リサイタル

10月29日〜11月10日 NYCニューヨーク
*10月30日日米婦人会で演奏

*11月7日カーネギーザンケルホール公演


12月レコーディング予定。


『2018年前期』

3月12〜16日フロリダ公演

4月1日ワシントンDCナショナルギャラリー公演

4月6〜7日 デンバー公演

4月12日ケンタッキー公演

4月14日テネシー公演

5月15〜18日アラスカ公演 *Juneau Jazz&Classic Music Festival

6月来日ツアー
*19〜22日関西フィル(大島ミチル新作初演)

7月〜9月レコーディング予定。

10月来日ツアー予定。
10月27日〜11月15日スイス・ジュネーヴ国際コンクール(リチャードが審査員)


来年は6月と10月に来日ツアー予定しています。 演奏依頼などありましたらお気軽にご相談下さい❣️
See you soon! 
Love,MIKA


7月歴史に残る出来事。

イメージ
あっというまに7月が終わった感じがしますが...この一ヶ月間は7月12日に夫リチャードが75歳の誕生日を 迎えたということもあり彼のために頑張った感あり(笑!
歴史に残るスペシャルな出来事が幾つかありました....
先ずUSに帰る前7月5日に東京で開催した リチャードのサプライズお誕生日パーティー。
2ヶ月前からリチャードに内緒で進めていました。 下鴨茶寮銀座店内”のまえ”(幼馴染の小山薫堂氏オーナーのお店) を貸し切りました。期日はスーパー多忙な薫堂氏が参加出来る日で決めました。 このパーティーに関しては下鴨茶寮野口さんの御尽力に大感謝しています。

先ず最初に..東京在住でリチャードが喜ぶような方々にEmailの御案内を出しました。 最初お店が30人限定でしたので、40人ぐらいに絞って御案内を出したところ... 有難いことに直ぐ30人超える参加表明が来ました。 数人の方々は自分のイベントや先約で来れないということで残念でしたが.. お店の方も最終的には40人まで大丈夫ということになったので、 結局43人もの参加者となりました。
皆さん各界のトップの方ばかりで お忙しい中駆けつけて頂き心から感謝しました。 皆様本当に有難うございました。

(ストーリー) この日リチャードには、娘とマサさんと4人でディナーするということにしていました。 又運良くというか?夕方にサントリーホールのインタビュー撮影が入ったので 親友でアスペンの荒生マサさんにリチャードのアテンドをお願いし... 私は買い物に行くということにして準備に入りました。

荒生さんにはお客様が揃うまでの間.. (結構揃うまで時間がかかった。) リチャードを連れ回してもらって時間を潰してもらいました。 (何度も早くお店に行こうよ〜と言っていて怪訝な顔をしていたらしい..?) その間は娘がマサさんと連絡を取り合っていた..
やっと7時予定でしたが.. 午後7時半ぐらいに”のまえ”に連れて来てもらい....
暖簾を開けたら?!
バンドネオンの北村さんのバースデーソングと共に大合唱! お店には皆彼が知ってる顔・顔・顔が..... リチャードが物凄く驚いた顔が忘れられません(笑 ❣️
怒るか?気絶するか?心配しましたが(笑 とっても感激したのか? 最初からフランクシナトラの歌まで歌っていました。

最初の乾杯の音頭は、NYで出会い親しくなった元国連大使の吉川元秀さんにお願いしました。 いつも奥様コリ…

次の目標!

イメージ
リチャードの75歳を祝う誕生日🎂会も 熊本、東京、ニューヨーク、ボストンと 楽しく終わり…
今私達はリチャードの仕事でフロリダに来ています!
リチャードが全米クラリネット協会から招かれて殿堂入りを表彰されるのと、 それを記念してオーランドシンフォニーオーケストラとバーンスタインのソナタを 協演するのです。 昨日は到着するなり空港でジャズクラリネット奏者エディ・ダニエルズ氏御夫妻と 会ってもりあがりました。
大体このブログでは..
先日の来日ツアーで私達が食べた美味しいレストランの事でも 記そうと思ってましたが...
時間が経ったら.. やっぱり私は次の音楽の事で頭がいっぱい...
FBにも美味しい物を食べたりしたことは沢山投稿してるので 音楽の事を記したいと思います。
実は、日本からUSへ帰国するや否や.. 新譜CD”デュオカンタンド”をアメリカでリリースしたサボイレコードと プロデューサーのスティーヴン・エプステイン氏から グラミー賞応募についてメールが来ました! ファーストラウンドに応募するからという知らせです。 (グラミーにはNARAS会員じゃないと応募したりノミネートしたりする資格 がありませんので、私達自身では何も出来ないのです。)
プロデューサーのスティーヴンは過去に17回もグラミー賞を受賞している会員ですので、 自ら私達のアルバムを*Classical Compendium Category, the Classical Producer and *Classical Engineer Categoriesにエントリーするからと.. そしてサボイレコードからは下記カテゴリーをエントリーするとのこと。 *Best Contemporary Instrumental Album
*Best Classical Instrumental Solo: Richard Stoltzman "Air"
*Best Classical Instrumental Solo: Mika Stoltzman "The Nymphs"
*Best Contemporary Classical Composition "Concerto #1 Part III" Chick Corea
*Best Contemporary Classical…

6月来日ツアー(銀座ヤマハホール編)

イメージ
今回の来日ツアー最後は 6月27日東京・銀座ヤマハホールでの 新譜CD"デュオカンタンド"リリース記念リサイタル。
ロケーション抜群で音響も良いホールなのでとっても楽しみにしていました。 前日からヤマハホール内にあるヤマハサロンで念入りなリハーサルも出来て
良かったし....
今回は新譜をリリースした日本コロムビア主催でしたので
色々な細々したことをコロムビアの横田さんがばっちりして下さったので
大変助かりました。
プログラム順なども話し合いながら決めましたので
とってもスッキリした内容になったようです。


当日の進行表。

ベースの西嶋徹さんとは初共演でしたが..
とっても素晴らしい音楽家で私もリチャードもとってもHAPPYで
リハの時からワクワクしていました。
さすが音楽評論家中川ヨウさんのお薦めのベース奏者です。 実はバンドネオンの北村聡さんもヨウさんのお薦めだったんですよ。


休憩後は、バッハ”クロマティックファンタジー&フーガ”を クラリネットソロのファンタジーから始めて... フーガをクラリネット、マリンバ、バンドネオンの トリオで演奏。この日の本番が今回一番の出来栄えでした!

このフーガは..ご来場頂きましたピアニスト仲道郁代さんや 日本コロムビア岡野さん等音楽関係者の方々から コンサート後に絶賛頂きとっても嬉しかったです。

今回リチャードと私は2曲ずつお互いのソロをプログラムに入れました。 私が前半に演奏したジョンゾーンのソロは自分でも中々良く演奏できたと 思いますが、後半のWigwamはインプロが中々決まらず最悪... それに今回は始めて、全ての曲にピッチがクリアになる 超重たいマレットを使ったので.. まだまだ手のコントロールが上手くいってないと反省。 ずっと弾き続けていたら、だんだんと腕が動かなくなる事を本番をとうして発見。 もっともっと練習しなくては...

それから、今回は作曲家大島ミチルさんがこのコンサートの為に ”風笛”をバンドネオン、ベース、マリンバ&クラリネットのカルテットに アレンジして下さり初演しましたが...かなり評判が良かったみたいです。 北村さんのバンドネオンの音色は繊細でユニバーサルなので バロックから現代音楽そしてジャズ、タンゴまで幅広く表現可能。 本当に素晴らしい若手音楽家で気に入っています。



そしてスペシ…