今年2016年を振り返って。

今年もあっというまに終わってしまいますね....
時が経つのが早すぎて...
私達みたいに50も過ぎたら
だんだん残り少なくなる人生で。。
死んで行くことも考え始めますよね....


ともあれ生きている間に
自分の使命みたいなものをやり遂げることも
必要かな?!と思うので
私はマリンバという楽器をとうして
自分の声OWN VOICEを発して生きたい
と日々励んでいます。

さて...今年を振り返ってみると....
とっても素晴らしい充電期間だったと気が付かされます?!

(その1)
夫リチャードとの新しい新譜CD録音を完成させ....
あとは世の中に送り出すだけとなりました。

このプロジェクトにはキックスターターをとうして
多くの皆様のご支援を頂き心から感謝申し上げます。本当に有難うございました!

現在Kic.ご支援者の皆様だけのためにCDを作成中です。
Xmasプレゼントになる予定ですがお年玉になるかも?!(笑
待っててね!

新譜のオフィシャルなリリースは
来年3月8日日本コロンビアからの発売となります!
タワーレコード始めレコード店に並びますので
どうぞ宜しくお願いいたします!

チックコリアがゲスト参加して、
全ての収録曲が世界初録音のこのアルバムは.....
考えてみたら。。


一年間も温めてやっと世に出るんです。
どういう風に進んで行くのか?!
私達自身もとっても楽しみ!


(その2)
初めて自分の身体のケアに時間をかけました!
9、10月と2ヶ月間熊本に滞在してじっくり歯の治療をしました。
見事に噛み合わせが良くなり見栄えも良くなって。。
USに帰ってきたら、会う人会う人から
”MIKA!笑顔がゴージャスになったね!”
と褒められています。笑

これは何といっても熊本市 新水前寺にある坂口歯科医院の坂口倫章先生の暖かなお気持ちと素晴らしい歯科技術あってのことなので心から感謝いたしております。

坂口先生の人間性と仕事に対する真摯さには学ぶことが多く大尊敬しています。

まだ治療は終了してませんが、歯が綺麗になったおかげでなんだか気分まで新しくなり音楽家としての励みにもなりました。
”これも私に与えられたチャンスだ!”
と思い益々頑張ります。
(写真はリチャードがワイフがお世話になったとお礼に歯科医院に行った時!)









(その3)
私の生涯においての一番の音楽ヒーロー
チックコリアさんとの信頼関係が益々進化したこと!

実は一昨日までNYにいて、ブルーノートNYであってるチックのショーに
招待してもらったのですが。。
楽屋でチックが会う人会う人に
私のことを.....

”ミカはリチャードのワイフだけど、クラッシックのグレート ・マリンビストでもあり。。
ジャズもなかなかで、僕のコンチェルトもオケと録音してくれたんだよ!”


って紹介してくれるようになり....
なんとステージからも、夫リチャードがサプライズ演奏するときに、
”Mika!”って私の名前も紹介してくれるようになったのが驚かされます(笑!


多分近い将来一緒にステージでも共演できること間違い無し?!(笑


そう思い込みます!


(その4)
今年一年間で自分のマリンバの音(サウンド)に関して
明確なヴィジョン&アイディアができたこと。

それはグラミー賞17回受賞している私達の新譜CDの
プロデューサー&サウンドエンジニアで
クラッシック界の巨匠StevenEpstein氏と
一緒に仕事をしてからで、彼からマリンバのサウンドとマレットの選び方について
多くを学ばされました。

どの楽器でも巨匠と言われる音楽家は
OwnVoice(自分だけの音)を持っています。
音楽演奏でも一番重要なことだと信じてます。

マリンバ奏者は楽器の特質上または歴史が浅いことから
サウンドより技術に走ってる感があり....
又世の中の人達も、マリンバの良い音を知らないので。。
マリンバ奏者自体も自分が演奏する楽器や音色に拘ってないのが
非常に問題だと思います。

私は幸せなことにデモロウという極まれな
ハンドメイドで且つ繊細で拘り抜いたマリンバを
1996年から使用してて。。
デモロウ自体も常に進化しているので
それと共に歩んで来た感あり。。



それがEpstein氏との出会いで
良りクリアになり。。
自分だけのマリンバのサウンドが
作れるようになったこと。

この事は今年一番の発見であり財産となり
充電してきたことだと自負します。

来年はもっともっと研ぎ澄まされるように
毎日毎日の研鑽に励むことを宣言します!

Love,MIKA











このブログの人気の投稿

チックさんと私。

もう直ぐ日本ツアーです!