NewCD'If you believe"最新レビュー(日本語訳)届きました!


12月11日に TeeGa Musicレーベル(配給スペースシャワー)からリリースする
最新アルバムCD”If you believe"の一番最初の素晴らしいレビューが届きました
日本語訳はニューヨークで出会い親友になった現在はパリ在住スプラング裕子さんです!感謝。


"MIKA STOLTZMAN/If You Believe: Granted everything has fallen apart. Granted jazz marimba isn’t exactly mainstream. Granted that if Stoltzman had to resort to Kickstarter to fund a session produced by Steve Gadd and featuring Richard Stoltzman, Eddie Gomez, John Tropea and others of that caliber, something is wrong. At least she gets the last laugh and gets to keep ownership of the masters. Speaking of masters, this set is some of the brightest, funnest jazz to come along in quite some time. Mastering the art of lively sitting down jazz, Stoltzman is so on the money here, you’re a dope if you just don’t sit back and enjoy it First class stuff throughout that’s practically a master class in marimba as well. Check it out.


Volume 37/Number 326
September 23, 2013
MIDWEST RECORD
CHRIS SPECTOR, Editor and Publisher
Copyright 2013 Midwest Record
 — 


(日本語訳)
ミカ・ストルツマンの最新アルバム「If You Believe」”

ジャズ・マリンバという、未だメジャーではない音楽のエリアでアルバムを出すということは、ある意味での挑戦といえるだろう。

ミカの挑戦は、音楽だけではない。このアルバムは、Kickstarter(キックスターター)経由で集められたサポーターからの支援によって実現した。プロデューサーに巨匠スティーブ・ガッド、参加者にリチャード・ストルツマン、エディ・ゴメス、ジョン・トロペイなど音楽界の錚々たるメンバーが名を連ねる中で、
あえてメジャーなレーベルに頼らず自主制作にこだわった。
結果、アルバム所有権を他者に譲ることなく”名作”が実現したのである。

この’名作’と呼ぶにふさわしいアルバムは、きらりと光る音が弾むジャズであふれている。
聴き手を心底から楽しませるジャズの技術において、ミカ・ストルツマンはまさに’名手’のレベルだ。誰もがリラックスして楽しまずにはいられない。
最上級のマリンバの音色をぜひ、お試しあれ。                   
                             (Tran.by Yuko Sprung)

 — 


               *日本盤CDはジャケットカバーが変わります!

このブログの人気の投稿

チックさんと私。

今年2016年を振り返って。

もう直ぐ日本ツアーです!